FC2ブログ
元気だけが取柄のフレンチブルドッグのラシャと、ラシャのパワフルさについていけないコーギーのブレイクの闘病生活の毎日と、悪性リンパ腫で天国に逝ってしまったきゅ~の記録


ブレイクの足の調子が靭帯を切ってから →(手術の記事はこちら)



あまりよくないので、ラシャの病院に連れて行くと



先生が





靭帯は大丈夫やけど、椎間板ヘルニアだと思うよ。



一応1週間分の薬を出しておくけど、



結構びっこを引いているので、あかんかもしれへん・・・



2週間薬を飲んでみて、その後は考えるけど



手術も考えといてね。



これから2週間は安静にして、お散歩はトイレぐらいにしておくように。






と言われてしまいました






リマダイル・・・1週間分

【リマダイル(Rymadyl)】商品説明

★どんなお薬ですか?
犬用非ステロイド系消炎鎮痛剤,犬用経口薬です。無痛覚(症)や慢性炎症、犬の進行性関節病などに有効で、関節の痛みを和らげます。また、長期投与が可能ですが、胃粘膜保護剤やH2ブロッカーなどと併用されるとよいでしょう。

★ご使用方法
犬:体重1kgあたりカルプロフェン4.4mgを1日量として,1日1回あるいは2回に分けて経口投与してください。本剤は割線入りであるため,用量は1/2錠ずつの増量で算定してください。

★愛するペットへのワンポイントアドバイス:リマダイルでまず痛みを和らげてあげ、すこしずつ歩く運動などをさせるようにしましょう。関節痛はやはり、体重を減らしてあげ、筋肉をつけるよう、毎日の運動は欠かせません。おやつを与えない、ダイエットフードに切り替えるなどして、肥満を解消させることも大事です。痛みがあったり、体が重くなると動きたくなくなるのは人間と同様です。まずは関節に負担をかける生活の改善から始め、リマダイルは痛みをやわらげるのにサポート的にご使用されると良いでしょう。リマダイルを上手に利用しながら、ペットの健康を守りましょう!。

★使用方法のご注意
他のNSAID(非ステロイド性抗炎症薬)と同時に、あるいは24時間以内には使用しないで下さい。長期間の使用あたっては獣医の見解が必要となります。猫へのご使用はしないでください。 心臓、肝臓、腎臓に病気のある犬には使用しないで下さい。腸に潰瘍ができたり、出血、血液疾患、製品に対する過敏症を起こす可能性があります。他のNSAIDと一緒に用いたとき、まれに腎臓または肝臓に問題を起こすリスクがあります。指定されている服用量を超えてはいけません。生後6週間に満たない、あるいは6週間の犬に用いた場合は問題が起きる可能性があります。




緑イ貝エキスの配合されたサプリメントを1週間分いただきました。








早速、リビング用に大きなクッションを買いに行き


新しいベッド 







新しいベッド (1) 






新しいベッド (2) 

やっぱり、ラシャが占領したか・・・



なぜこんなに病気ばっかりなるんやろ?



手術なしに、良くなってくれますように






応援してくれる方はこちらをポチッとお願いします 
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ       にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ           フレンチブルドッグひろば

スポンサーサイト