元気だけが取柄のフレンチブルドッグのラシャと、ラシャのパワフルさについていけないコーギーのブレイクの闘病生活の毎日と、悪性リンパ腫で天国に逝ってしまったきゅ~の記録


日曜日から忙しい私達夫婦。

そんな時、火曜日にラシャを見てたら『うん・・・!?』って感じ。

用事を終わらせ夕方に家に帰ってみると、やっぱり違うんよなぁ・・・

水曜日の午前中に予約を入れていたんですが

火曜日の夜に病院へ。

担当の院長先生が不在だったことと、そこまで緊急性がないということで帰ることに。



水曜日に病院に行くと、

『アトピーのためにステロイドを7年間ほとんど飲んでたので、薬が切れて本当のラシャの体調に戻ったって事もある。

今まで薬のおかげ元気だったかもしれない』

こんな事を言われたらステロイド治療を続けてたほうがいいのかと不安になってしまいました。

先生から見ると元気そうなんですが、一応血液検査をしてもらい15分後検査結果を聞きに行くと

『今回の血液検査の結果は腎臓・肝臓・糖には問題ないんですが・・・

ただ、CRP炎症指数が計れないほどの数値になってます』

ステロイドを止めて1ヶ月。ホルモン検査をするには数値を確実にするために後2週間あけたほうがいいと。

食欲はあるので抗生剤だけ処方してもらって、様子を見ることになりました。

なのでMMD療法も少しストップ。

少しでもおかしくなったら病院に来るように、お散歩もトイレに行く程度にと言われました。


病気 (1) 


ここまで書いてるとラシャはぐったりとお思いでしょうが、ラシャは元気です。


病気 (2) 


病院で色んなところを触りまくられたのに、ご褒美をくれなかったとご立腹のラシャ


病気 (3) 


少しゆっくり過ごしたいと思います。





そして夫婦揃って気に病んでる事

病気 (4) 

旦那の妹が入院中の病院。
薬が効いて元気に退院できますように・・・




1日1回ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

今回はコメント閉めてます
スポンサーサイト