元気だけが取柄のフレンチブルドッグのラシャと、ラシャのパワフルさについていけないコーギーのブレイクの闘病生活の毎日と、悪性リンパ腫で天国に逝ってしまったきゅ~の記録



ラシャは小さい時から元気すぎて手がかかる子だったので目が離せず

いつも父さんか母さんが近くにいたので、1人になることがほとんどなかったんですよ。



そんなラシャですが、一生懸命はしゃぎすぎて父さんを見失うことがあります。

かくれんぼ (1) 


近くにいるときには『別に・・・』って感じなのに、見えなくなると必死に探すラシャ


かくれんぼ (2) 




かくれんぼ (3) 


『建物の中におるかもよ~』って言ってあげると


かくれんぼ (5)


壁が1枚あるだけで、目の前に居てもわからないもんなんですねぇ

ラシャは鼻ではなく確実に目で探してるよね


かくれんぼ (4) 


ようやく見つけたラシャ
 

かくれんぼ (6) 




かくれんぼ (7) 

写真ではすぐに見つけたようになっていますが

結構な時間、探し回っておりました。

犬って人間の何倍も嗅覚が優れてるはずよね・・・?


1日1回ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
スポンサーサイト