元気だけが取柄のフレンチブルドッグのラシャと、ラシャのパワフルさについていけないコーギーのブレイクの闘病生活の毎日と、悪性リンパ腫で天国に逝ってしまったきゅ~の記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




数日前から少しずつ調子が悪い様子のラシャ。

病院は火曜日の午後は予約制、水曜日は定休日だったので

木曜日に行こうと思っていたんですが

水曜日の朝、あのラシャがご飯を食べようとしなかったので、いてもたってもいられず

留守番をしている病院の人にお願いをして

お出かけ中の先生に帰ってきてもらって、診てもらってきました。


病院の機械のメンテナンスを行っていたので、今回はレントゲンだけ。

1ヶ月前に肺炎になっていた時よりはきれいな画像で、ラシャの舌もチアノーゼになっていなかったので

今回は利尿剤をもらって明日もう一度検査をしようって事になりました。


病院 (1) 


肺炎になるのは何が原因か、1ヶ月前に血液検査をしたときには

ほぼ成正常値だったラシャ。

レントゲンでも心臓は綺麗だったので、もしかしたら脳が悪いのかも・・・

すぐではなくてもいいから、脳のMRI検査をすることも考えておいてくださいと言われてしまいました。


病院 (2) 

病院 (3) 


呼吸が荒いラシャの画像です





病院 (4) 


これで少しは良くなってくれると思ったんですけどね・・・




1日1回ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。