FC2ブログ
元気だけが取柄のフレンチブルドッグのラシャと、ラシャのパワフルさについていけないコーギーのブレイクの闘病生活の毎日と、悪性リンパ腫で天国に逝ってしまったきゅ~の記録

朝ごはんの前に1度吐いたラシャ。

ご飯は完食はしたものの、途中で休み休み食べるという

今までには絶対ないご飯風景。

胃カメラをのんだ日でも絶対にご飯は食べていたラシャなので

こんな事は絶対にありえないことなんです。


病院 肺炎 (2) 


昨日から悪くはなっていないこと、食欲のことを話し

一応この間と同じ薬を処方してもらって1週間ほど様子見ということになり

1ヶ月前に血液検査をしているけど、どうします?って言われたので

一応検査をお願して、数十分駐車場で待っていると


病院 肺炎 (1) 



病院 肺炎 (3) 



病院 肺炎 (4) 


『先生がエコーを診たいって言っているので、もう一度ラシャ君に入ってもらっていいですか?』って。

血液検査の結果を見るとたった1ヶ月で肝臓の数値が激変。


病院 肝臓 (1) 

肝臓の数値がすべて高すぎる!!

ALPに至っては測定不能で正常値の14倍以上。

病院 肝臓 (3) 

エコーを見ると、肝臓よりも脾臓(ひぞう)が大きく腫れてしまっているみたい。

脾臓の腫れは血管の腫瘍が大半なので、塊血液細胞を針で取っての検査は

風船のように中で破裂してしまって致命的になってしまうので

脾臓を手術で切除して、それを良性か悪性かの病理検査に出すそうです。

胆のうにも腫瘍があるそうで、長期の治療になることは覚悟をしておいてくださいと言われました。



一番早くて日曜日の手術になるので、日曜日まで少しでも肝臓が楽になるように

処方してもらった薬。

病院 肝臓 (2) 


何でこんなことになったのかなぁ・・・

良性でありますように・・・

悪性でも転移をしていませんように・・・

きゅ~と同じ悪性リンパ腫ではありませんように・・・



1日1回ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ







スポンサーサイト