元気だけが取柄のフレンチブルドッグのラシャと、ラシャのパワフルさについていけないコーギーのブレイクの闘病生活の毎日と、悪性リンパ腫で天国に逝ってしまったきゅ~の記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



昨日の夜にモッシュ君にもらった馬肉を5gほど食べたおかげか、

夜は少しゆっくり寝ることができたラシャ。

ソファには上がることができなかったけど、自分で歩いて気に入ったマットの上で寝ていました。

今までは布団の中に入って寝ていた、とっても寒がりなラシャでしたが

一生懸命病気と闘って熱があるのか、やったら床で寝るようになりました。

いつものようにブランケットをかけてあげると、ぜぇぜぇ言っていたので

いつもとは全く違う雰囲気。




今日はどうしても会社を休めなかった私。

病院に預けるのは父さんだけに行って来てもらいました。

午前中は酸素室で点滴をして少しでも体力をつけて

午後からのCT検査になります。

開腹するのはCTの結果をみて、先生にお任せでと伝えたそうです。

そして覚悟はしておいてくださいと再度念押し。


1-21 (1) 

見るからに痩せてしまっているラシャ

1-21 (2) 



会社に行くと営業さんがみんな心配してくれているし

パートさんが昼過ぎからやったら代わりに出てくれるって言ってくれているし

友達ワンコからは励ましもメールもくれているし

モッシュパパとママにはたくさん元気玉をもらったし

きっと元気になって帰ってくると信じています。

急激に悪くなったけど、急激に元気になって、長寿で表彰されるように

みんなを驚かせてみたいと思っています。

あともう少しラシャを応援してあげてください。



1日1回ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。